階層別研修

新入社員研修

  • 新入社員企業人としての基礎を創るステージ

  • 中堅社員組織のコア人材へと成長するステージ

  • 管理職人を育てる・チームを牽引するステージ

  • 経営幹部会社を育てる・会社を牽引するステージ


「学生と企業人との根本的な違い」を徹底理解と基本となる立居振舞の習得。


■新入社員における主な課題

  • 主体性がない
  • 考えようとしない
  • 言われたことは器用にこなす、しかし言われたことしかやらない
  • 挨拶はするが、元気がない
  • 言葉の使い方を知らない
  • 常識をしらない

■KEC新入社員研修の考え方

新入社員の時期における大切なことは、将来貢献するための「適切な姿勢(意識・考え方」を身につけることにあります。この姿勢が身についていないとどれだけ高度な知識を学んでも、成果・貢献に繋がりません。
 KECの新入社員研修では、「社会人としてどうあるべきか」「組織人としてどうあるべきか」「職業人としてどうあるべきか」を考察し、今後の適切な姿勢構築へと導きます。またその姿勢の先に、まず身につける行動面としては、適切な立居振舞です。「適切な姿勢(意識・考え方)を適切な形で示すにはどうすればよいか」を考察し、ビジネスマナーを学びます。
「学生」と「企業人」は根本的に違います。新入社員の時期に企業人としての意識を学び、しっかりと考察することは、今後の成長を大きく左右します。
 KECの新入社員研修は、今後の成長の為の「姿勢構築」に力を注ぎます。


■研修カリキュラム(例1):2日間
1日目
< オリエンテーション >
  • 研修の目的:人生研鑽なり、学ぶ心で高く、高く
  • 研修の心構え:三儀の徹底(辞儀・行儀・書儀)
< 社会人道場入門 >
  • 学生と企業人との違いを徹底的に理解する
  • これから持つべき3つの顔
< 企業人としての立居振舞 >
  • 挨拶/姿勢/態度/表情/身だしなみ/言葉使い
< ビジネスマナー >
  • 電話応対/来客応対/会社訪問におけるマナー
2日目
< 就業における基本行動 >
  • 出社/退社/離席/外出/公私のけじめ/5S
  • 報告/連絡/相談
< 自己コンセプトの確立 >
  • 自己の強みと弱みの理解
  • 「私はかくありたい」「実行目標」の設定と発表

 

■新入社員研修にて取り扱う主なテーマ
  • 社会人道場入門
  • 電話応対
  • 「社会人」としての基本
  • 来客応対
  • 「組織人」としての基本
  • 会社訪問
  • 「職業人」としての基本
  • ビジネス文書
  • ビジネス・コミュニケーション
  • 会社人としての一般常識
  • 仕事の進め方
  • キャリアデザイン・基本
  • 社会人としての話し方・聴き方
  • PC研修・基礎