階層別研修

中堅社員研修

  • 新入社員企業人としての基礎を創るステージ

  • 中堅社員組織のコア人材へと成長するステージ

  • 管理職人を育てる・チームを牽引するステージ

  • 経営幹部会社を育てる・会社を牽引するステージ


「自身がなすべきことの探求」と「自身が出来ることの増強」


■企業が抱える中堅社員層の主な課題

  • 業務にマンネリ化傾向が見られる
  • 創意工夫/改善意欲が希薄である
  • 良好な人間関係を構築できない
  • 当事者意識に欠ける
  • 自発的な行動が乏しい
  • 積極的な発言が少ない

■KEC中堅社員研修の考え方

中堅社員は、組織の「中堅」です。組織の核となる層です。中堅社員の概念は幅が広いですが、間違いなく10年後の会社を動かしているのは彼らです。この時期にどのような経験を得るかによって、その後は大きく違います。
 中堅社員の研修で大事な事は、「なすべきこと」をどのように認識するか。また「できること」をいかに増やすかが鍵となります。「なすべきこと」は時間軸を伸ばし、空間軸を拡げる事が求められます。また「できること」は、スキルの強化です。まずは仕事の基盤スキルである「コミュニケーション力」「問題解決力」を強固なものにすることです。また今後進むであろう管理者層の準備段階として、「マネジメント」の基本を学んでおくことが求められます。KECの中堅社員研修では、将来に向けて、「なすべきこと」と「できること」の両面からアプローチし、中堅社員のパワーアップを図ります。


■研修カリキュラム(例):2日間
1日目
< オリエンテーション >
  • 研修の目的:人生研鑽なり、学ぶ心で高く、高く
  • 研修の心構え:三儀の徹底(辞儀・行儀・書儀)
< 中堅社員としての立場と役割 >
  • 仕事の価値創出と周囲からの期待の把握
  • 役割における空間軸と時間軸の拡大
< チームワーク >
  • チームワークの要素
  • チームワークを高めるスリーシップ
< 仕事の進め方 >
  • 報告/連絡/相談
  • タイムマネジメント
 2日目
 < 後輩指導におけるポイント >
  • ビジネスコミュニケーション
  • 後輩との接し方
  • OJTスキルの向上
< 中堅社員としての「自己コンセプト」の確立 >
  • 自己の強みと弱みの理解
  • 「私はかくありたい」「実行目標」の設定と発表

 ■中堅社員研修にて取り扱う主なテーマ
  • 中堅社員の立場と役割
  • コミュニケーション
  • キャリア開発
  • 社会人基礎力の実行
  • 論理的思考
  • モチベーション
  • 仕事のマネジメント
  • チームマネジメント
  • 報告/連絡/相談
  • リーダーシップ
  • 問題解決力
  • 人材育成