社員研修

禅寺合宿研修

対象 全社員対象 狙い 「禅寺生活」という非日常生活を体験することだけが目的ではない。 非日常生活を「一生懸命、手を抜かずにする」過程の中に、これから仕事をしていく上での「大切な学びがある。」

特長と学びのポイント

  • 「禅寺生活」と「KEC社員研修」を掛け合わせる

    ・成長において重要なことは、一つ一つの経験から「何を学ぶか」である。この学びの深さが、成長を左右する。
    ・成長において重要なことは、学んだことを、次の同じ機会、あるいは次の別の機会に「どう活かすか」である。この次に活かす意識の差が、成長を左右する。
    ・研修受講者が、自身の経験から「本質的な学びを得ることができる」よう、そして「次に活かすことができる」ようサポートするのが「KECの大きな役割」である。
    ・研修にて知識を得ることも重要だが、この「学ぶ力」と「次に活かす力」の習得こそが、研修受講者の研修後の「継続的成長」へと繋がる最大の武器となる。

  • 禅寺生活の主眼

    ・座禅により、忍耐を
    ・合掌により、礼儀を
    ・食事により、感謝を
    ・作務により、率先して難におもむく気性を養う

  • KEC社員研修の狙い

    ・「意識する」という「コト」を学ぶ
    ・「一生懸命する」という「コト」を学ぶ
    ・「率先して難におもむく」という「コト」を学ぶ
    ・「協働する」という「コト」を学ぶ
    ・「先読みをする」という「コト」を学ぶ
    ・「忍耐」という「コトを」学ぶ

実施内容

【禅寺生活】
 「食  事」・・・皆で協力して、与えられたものを米粒一つ残さず完食する。
 「作  務」・・・仕事の基本は、掃除にあり。協力して与えられた場所をきれいにする。
 「座  禅」・・・座る。ただ座る。静かに座る。
 「生活所作」・・・部屋に入る時は「合掌一礼」。歩くときは「又手当胸」。
          スリッパは「音を立てない」。脱いだスリッパは揃える。

【KEC社員研修】
 「新入社員研修」・・・もう学生ではない。企業人への意識改革・行動改革を図ります。
 「新人フォロー研修」・・入社後の自分を振り返るとともに、次なるステップアップを図ります。
 「若手社員研修」・・・もう新入社員ではない。中核社員への意識改革・行動改革を図ります。
 「管理者研修」・・・・もう一般社員ではない。管理者への意識改革・行動改革を図ります。

※禅寺の生活リズムは、いかなる対象の研修でも同一でございますが、「KECの研修部分」におきましては、
 ご要望に応じてオーダーメイドで企画立案・カリキュラム作成を行います。
※階層別研修における「意識改革」「行動改革」に最適です。

基本的な研修カリキュラム 1日目

10:00  入山
11:00  道場心得
12:00  昼食
13:00~17:00 KEC社員研修(※)
17:00  夕食
18:30  座禅
19:30  入浴&就寝準備
21:00  就寝

基本的な研修カリキュラム 2日目

4:30  起床
5:00  朝課
5:30  座禅
6:30  作務(清掃等)
7:00  朝食
8:00  法話
9:00~12:00 KEC社員研修(※)
12:00  昼食
13:00~17:00 KEC社員研修(※)
17:00  夕食
18:30  座禅
19:30  入浴&就寝準備
21:00  就寝

基本的な研修カリキュラム 3日目

4:30  起床
5:00  朝課
5:30  座禅
6:30  作務(清掃等)
7:00  朝食
8:00  法話
9:00~12:00 KEC社員研修(※)
12:00  昼食
13:00~16:00 KEC社員研修(※)
16:00  下山

研修動画

お問い合わせ・資料請求はこちら

導入事例

PAGETOP