テーマ別研修


禅寺合宿研修詳細はコチラ

禅寺という非日常の生活に身を置き、徹底した生活リズムと食事の作法等により心身の鍛練と規律の徹底、日常への感謝を学ぶ。研修内容に関しましては、御社のご要望・対象者に応じてオーダーメイドで構築致します。


  • 意 識
  • 全 力
  • 主体性

コミュニケーション研修詳細はコチラ

相手に内容を理解してもらうだけでなく、気持よく有意義な時間を過ごしてもらうことが必要です。 相手の満足を考えず、コミュニケーションを単なる「理解・共有・意思疎通」とだけ捉えてしまうと、 関係性が崩れてしまいます。コミュニケーションは、「受け手が決定権」を持っていますので、関 係性が崩れてしまうと、受け手は適切に理解してくれません。  ビジネスにおけるコミュニケーションは、相手(周囲)との「共創のスキル」です。共創という言葉 な、顧客(社外)とのやり取りでよく使われますが、社内での会話も共創といえます。相手と共創 していく為には、上記2つの視点は欠かせません。ビジネスコミュニケーションを適切に行う上で の3要素「信頼・共感・論理」のポイントを学びます。


  • 信 頼
  • 共 感
  • 論 理

ビジネスマナー研修詳細はコチラ

マナーは、「相手を思いやる気持ちを、行動にあらわしたもの」です。
①相手や周囲をどう認知し、②どういう意識を持って、③どのような行動をすればよいのか。
現場で生きるビジネスマナーの「考え方」「行動」を学びます。

(※ここでのマナーは儀礼としてのマナーではなく、礼儀としてのマナーです。)


  • 必要意識
  • 基本[ベース]行動
  • 活用行動

ロジカルシンキング研修詳細はコチラ

考えるとは、「曖昧で不十分な状態から、結論を導き出す為に行う『問い』と『答え』の繰り返し」です。より良い「思考」を生み出すには、より良い「問い」が必要です。そして、そのより良い「問い」を導き出す、それに対してより良い「答え」を導き出す上で、ロジカルシンキングを身につけることが肝要です。
 ロジカルシンキングを身につけることは、仕事を進める上で必要な「コミュニケーション力」「問題解決力」の向上にも必要なスキルです。ものごとをより適切な方向へと進める為の「ロジカルシンキングの基本」を学びます。


  • 整理する
  • 構造化する
  • 活用する

接客・接遇マナー研修詳細はコチラ

お客様が満足する。これは、企業の永続的な繁栄を支える大切な要素です。お客様の満足を心から願う「一つ一つの行動や気持ち」が、少しずつ積み重なって、企業のブランドイメージが構築されていきます。お客様を思いやり、理解し、適切に行動する、この掛け算こそが、最高のお客様満足を生み出します。当研修を通じ、貴社の社員様のより一層の「接遇意識・接遇スキル」の向上を実現します。


  • ホスピタリティ
  • 立居振舞
  • コミュニケーション

営業基礎力研修詳細はコチラ

営業は、会社の事業を継続/発展させる上で、欠かせない役割です。顧客へのプロモーション方法やチャネルが多様化する中で、営業に求められる役割は、顧客とのコミュニケーションに尽きるといえます。新規開拓・ルートセールスなどに関わらず、最前線である営業パーソンの「コミュニケーション力」を養成することは、事業発展に欠かせない要素です。営業としての「意識」「コミュニケーション力」「営業コミュニケーション力」を学びます。


  • 熱意(5惚れ)
  • 対人関係構築基礎力
  • 営業コミュニケーション

コーチング研修詳細はコチラ

コーチングは、「コミュニケーション」です。コミュニケーションの中でも、相手のモチベーションを高め、相手の思考を活性化させ、相手の自発的な行動を促すコミュニケーションです。
会社や部門、チームの総力を高める為には、「メンバーが自分のエンジンで行動できる」ことはとても重要な要素です。相手の自発的行動を促すコーチングのスキルは、管理者・リーダーにとって、これからますます求められるスキルとなります。


  • 傾 聴
  • 承 認
  • 質 問

リーダー研修詳細はコチラ

「あの人のようにやってみよう!」「あの人がいるとやる気になる!」周りを動かす強制力はここにはありません。マネジメントは仕組みにより「間接的」に相手に働きかけます。しかし、リーダーシップは、相手の心に直接的に働きかけます。この研修では、周囲を動かす為の「現場で活かせるリーダーシップ」を学びます。


  • 方向を定める
  • 周囲に影響を与える
  • 何としてでも成し遂げる

プレゼンテーション研修詳細はコチラ

プレゼンテーションは、こちらの意図する方向に相手を導くためのコミュニケーション手段です。商品やサービスを売り込む、自分の方針や考えを理解してもらう、企画案を提示するなど、相手の理解や納得、行動が必要なとき、相手に直接行うものです。
 内容自体がどんなにすぐれていても、プレゼンテーションに失敗すれば、思うような結果が得られません。その意味で、プレゼンテーションはビジネスの成果に直結するスキルといえます。自身の仕事の付加価値を高めるために、必要なビジネススキルです。


  • 事前準備
  • シナリオ構築
  • デリバリー