テーマ別研修

ビジネスマナー研修

  • 必要意識
  • 基本行動
  • 活用行動

 

「意識」×「行動」=さすがと言わせるビジネスマナー

マナーは、「相手を思いやる気持ちを、行動にあらわしたもの」です。
①相手や周囲をどう認知し、②どういう意識を持って、③どのような行動をすればよいのか。
現場で生きるビジネスマナーの「考え方」「行動」を学びます。

(※ここでのマナーは儀礼としてのマナーではなく、礼儀としてのマナーです。)



学びのポイント

●ビジネスマナーにおける「必要意識」

「①人に迷惑をかけない②人に不快感を与えない③人に敬意を払う」はマナーの基本3意識です。マナーは、社会での生活を円滑にする為の行動です。ビジネスマナーはビジネス(事業)を円滑にする為の行動です。「①人の役に立つ②人に好感を与える③より一層敬意を払う」と、単なるマナーと比べ、より積極的な意識が求められます。

●コミュニケーションとしての「マナー」

ビジネスにおけるコミュニケーションは、相手に伝えるだけではなく、相手の理解や満足を促し、動いてもらわなければなりません。そこには、論理面だけではなく、「感情面」も大きな要素として影響します。その感情面を左右する一つの要因がマナーです。相手との感情面での土台を築くスキルを学びます。

●さすがと言わせる「ビジネスマナー」

適切な「電話応対」「会社訪問」「来客応対」は、会社のイメージ向上に大きく影響します。セリフを覚えたような、いかにもわざとらしいようなビジネスマナーではなく、コミュニケーションとしてのビジネスマナーを学びます。



基本的な研修カリキュラム(例)

  • no1「マナー」とは何か
  • no1マナーは「コミュニケーションの土台」
  • no1相手に不快感を与えない「電話応対」
  • no1会社の顔としての「会社訪問・来客応対」
  • no1従業員満足を作る「職場のマナー」

※上記プログラムは一例であり、貴社のご要望に応じてオーダーメイドにて最適なプログラムを構築致します。